こんにちは。予防獣医師の直良です。

今回は「毛細血管」についてお話します。

よく聞くこの言葉ですが、意外と知らないこともあったりすると思います。

動脈でも静脈でもない微細な血管、毛細血管の不思議について一緒に勉強しましょう!

毛細血管はめちゃくちゃ重要

毛細血管とは、動脈や静脈に含まれない血管で

全身の組織の中を網の目状に配置されており

栄養素や酸素を各組織に運んで

老廃物を体外に出す働きがあります。

毛細血管は全身血管の約97%を占め、

約10万キロもの長さがあり、

地球に換算すると約2周半です。

そんな大量の毛細血管に大量の血液が流れていきます。

めちゃくちゃ重要だということはこの時点でわかりますよね!

毛細血管を効率よくすれば、

有用な成分の共有と老廃物排泄の効率がググッと上がり

パフォーマンスは飛躍的に向上します✨

毛細血管は実はこんなにぎちぎちだった!?

血液の赤い成分であり、酸素や二酸化炭素を運ぶ

とても重要な細胞「赤血球」

実はその大きさは約8マイクロです。

それでは毛細血管の径は…?

なんと細い部分では約8マイクロメートル!

めちゃくちゃ細くなってる部分だと4マイクロという超細い構造になっています。

あれ?そこを赤血球が通るの!?

そうなんです。通っています。

ギチギチの中をうねうねしながら通っています。

そんなに頑張ってたんや…

毛細血管を傷めないことが重要!

Point

その毛細血管をこれ以上負担をかけない

径を短くしないことが重要なのですが、

現代の生活では、短くするような現象がたくさん起きています。

代表的なのが「酸化」です。

> 酸化ストレスについてはこちらから

これは主に活性酸素や食事のアンバランスや適合性の低さによるものです。

毛細血管については再度語りますが、

日頃こんなに頑張っている毛細血管には感謝ですね✨

赤血球と毛細血管径はほぼ同じ

予防獣医師 直良
Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す