獣医師ユーチューバー対談

いつもありがとうございます。

僕は獣医として動物と関わってきていますが

人間の医者と動物の医者の違いについて

考えることがあります。

今回は、同じ「どうぶつ」でも

動物と人間の違いについて獣医師としてお話します。

人間は言葉を使う

人間は動物と違い言語を使います。

頭がいたい

腹が痛い

吐き気がする

いろいろ言ってくれますよね(笑)

一方、動物たちは

症状を言葉で伝えないから

より注意深い診察が必要になります。

視診や触診でより細かいところをみていくことで

言葉で言ってくれないところを補う必要があります。

動物は素直

人間よりも動物の方が

全体的に素直さが高いと思います。

いろんな意識を介さないし

治療の結果がわかりやすいです。

そのかわり、素直すぎて

嫌な時はほんと、怒る。。。

そういう時に

動物に医療を施すことがたまに

滑稽に感じます(笑)

人間のは医療を欲して病院に行くのですが

動物たちは医療を欲するのか?

病院に行きたい!と思っていくのか?

一言で医療といっても

なので、一言で医療といっても

人間と動物とでは

結構取り組み方や意識が違うと思います(笑)

そういう意味では

より深いところをみていくこと

より素直な相手に向き合えること

よりいろんな種類を相手にできること

獣医でよかったなと思うところです(笑)

そう思うとやっぱり

人間ももう少し動物的になると

いいのかなとも思ったりもします笑笑

動物救急医療に携わっていて得た経験などを

語った対談動画がありますので、

もしよろしければこちらからご視聴ください↓↓↓

【対談】救急獣医師 第一話「救急とは?」

動物的であれ!

Category
Tags

Comments are closed