予防獣医師 セミナー

こんにちは。予防獣医師…ノマド獣医師のなおちゃんです。

今回は「獣医師でもノマド的生活を送れる」というお話です。

獣医師の働き方改革みたいなのかもしれません(笑)

そもそも「ノマド」とは何なのか?

俗に「ノマドな生き方」という意味合いで用いられる語。仕事場を一箇所に定めず、自由な場所で仕事をするあり方といった意味。ノマドはもともとは遊牧民という意味の語。

実用日本語表現辞典

企業から個の時代に切り替わっていく中で、

獣医師も働き方が変わっていくかもしれません。

ノマド獣医師という新しい働き方

これまでの獣医師の在り方とは?

体温計 聴診器 予防獣医師 動物0次診療

そもそも、獣医師にはどんな仕事があるのでしょうか?

大きく分けると

  • 小動物臨床:動物病院での勤務
  • 大動物臨床:家畜などの診療、動物園などの獣医師
  • 公務員
  • 研究職

が挙げられると思います。

しかし、ほとんどの場合は正規雇用または契約雇用のようなもので、

時間と場所に拘束されます。

被雇用ではなくだれかを雇用する立場になったとしても

たとえば病院の院長先生になったとしても

もちろん動物病院で自ら診療をしたり、経営をしたりする必要があると思います。

大動物臨床や公務員ももちろん時間と場所に縛られます。

やはり「獣医師」という国家資格、要は「免許もち」になると

一見職に困らない安定感があると思われますが、

その反面、その免許もちを使う人間がいるということです。

つまり、免許に頼って仕事をすると、その免許を持つ人間を使う人間がいるということです。

免許をもつと保守的になる傾向に

直良拓郎 予防獣医師 ランディ

獣医師になろうと思うと、以下の流れを踏んでいく必要があります。

  1. 高校卒業
  2. 大学受験で獣医学科に合格する←ここがかなり難関
  3. 6年間獣医学科で勉強
  4. 大学卒業年に獣医師国家試験を受けて合格
  5. 大学の卒業試験に合格
  6. はれて獣医師!

こうやって獣医師免許を取得すると、特殊なところに就職できるようになります。

それこそ動物病院で獣医師として勤務したり、

牛や馬などの家畜や動物園動物を診療したり、

獣医師だからこそできる仕事があります。

当然、それらに対する需要はコンスタントにあるので

あまりくいっぱぐれることはありません。

それだからか、あまりビジネスの世界だった李、他業界とからもうとする獣医師は少ないように思います。

ぼく自身もビジネス交流会などに参加したことがありますが、

獣医師に初めて会ったという人がたくさんいるのです。

それほど獣医師というのは狭い世界なんだなと思いました。

医者も弁護士さんとかもそうだと思いますが、

免許をもつと、免許があるのが当たり前な世界に落ち着く傾向があるのだと思います。

獣医師だったら、動物病院の外の世界にあまり足を踏み入れようとする人は少ないのだと思います。

免許を守りに使う、保守的かつ安定的なやり方です。

ノマド獣医師!

一方、免許を攻めに使い、積極的なやり方もあります。。

獣医師なのに病院以外の形で起業したり

積極的にビジネスにかかわろうとする存在です。

「獣医師なのにもったいない」

と同業者から言われます。

しかし、ビジネスの世界で珍しがられる獣医師という存在は

それだけでブランディングされているのです。

めっちゃ強いです。

そして、ビジネスの世界では獣医師とつながりたい!

獣医師とコラボしたい!

そんな方はたくさんいらっしゃいます。

獣医師ももっと病院や公務員という領域から外に出てもいいのではないかなと思います。

ノマド獣医師として予防診療しています

そんなぼくは獣医師としてどんなことをしているのか?

いろいろありますがたとえば

予防診療や量子治療

往診サービスに少し近いかもしれませんが、

わんちゃんねこちゃんたちがいるおうちにお邪魔して

生活習慣や生活環境の評価や改善点の提示などの予防医学や

自宅でできる量子治療などを行っています。

そして

数社の顧問獣医師、アドバイザー、提携獣医師

として企業のサポートをしたり、情報提供などをしています。

こちらも時間と場所に縛られずに、好きな時に好きなテーマで

仕事をすることができます。

あとは、

獣医師ユーチューバー

これ普通に楽しいです(笑)

しかし、ペットや健康、医療について

一般の方にしっかり伝えられる最高の媒体とも考えています。

そして、ペット業界の専門家たちが情報を伝えられるプラットフォームにしたいと考えています。

猫と予防獣医師

このように、病院にいなくてもできることはたくさんありますし

診療以外にも獣医師に求められることはたくさんあります。

少しぶっとんだ話になるかもしれませんが、

いつ国の精度が変わるかわかりません。

獣医師という立場が国によっていつまで守られるのか?

そんな保障どこにあるのでしょう?

企業から圧倒的個の時代へ。

獣医師もそのあり方が少しずつ変わってきていると思います。

Category
Tags

No responses yet

コメントを残す