ターゲット予防 予防獣医師

こんにちは。予防獣医師のNAOchanです。

今回は、ペットの予防医学についてお話します。

愛犬愛猫と「健康的で永く幸せに暮らしたい」

そんな飼い主さんは必見です。

この記事を読むことで

  • 愛犬愛猫の健康のために何をすればいいのかがわかる
  • 品種の弱点を理解して、あらかじめ予防する「ターゲット予防」がわかる

ようになると思います。

動物夜間救急医療に携わってきて得た知見と、動物予防医学の観点から説明していきます。

ペットの健康と予防のために何からやればいいの?

そんな疑問に答える「ターゲット予防」

ぼくは「動物0次診療®︎」でペットを含め動物の予防医学に取り組んできました。その中で、一つ気づいたことがあります。それは、

動物の品種によってなりやすい病気がある

なりやすい病気が分かっているのであればあらかじめ予防すればいいのでは?

という考え方です。

そりゃそうですよね(笑)品種の弱点が分かっていれば、あらかじめ対策するに越したことはありません。

たとえば有名どころでいると

  • ミニチュアダックスフンド ・・・ 椎間板ヘルニア
  • チワワ ・・・ 僧帽弁閉鎖不全症からくる肺水腫
  • イタリアングレーハウンド ・・・ 四肢の骨折
  • 長毛種猫 ・・・ 毛球症

などなど…

そしてこれらはすべてリスクを下げることができる、つまり予防できるものばかりなのです^^

ダックスフンド ターゲット予防

ちなみに動物救急医療をずーっとやってきて気づいたことがあります。

それは動物の救急症例に関してです。

救急の多くが飼い主の責任

救急の殆どが予防できる

救急の全ては苦痛である

これは本当にその通りだと思います。

一番初めのは一部の飼い主さんの方から反感をかうこともあるかもしれませんが、実際に病気の原因は「生活習慣」「生活環境」で大半をしめています。

先天性疾患や不慮の事故などは例外ですが、多くの病気は飼い主さんが気を付ければ予防できるものなのです。

つまり、病気は予防できるものばかりなのです。

そして、愛するペットを苦しめないように、予防できることがたくさんあるのであれば、やるに越したことはないですよね?

そんな時に多くの飼い主さんが考えるのが

何からやればいいのかしら?

さぁ、何からやればいいのでしょう?

そのヒントをくれるのが今回のターゲット予防なのです。

ターゲット予防は実践に落とし込みやすい

直良拓郎 予防獣医師 ランディ

健康は大事!予防は大事!

とはよく言われるけど、実際何からすればいいかわからない。

そもそも健康とか予防って漠然としていて結局行動に落とし込めない。

という考えの方もいらっしゃいます。

ターゲット予防とは、そんな悩みを解決する考え方です。

品種の弱点に対して予防する方法はある程度絞られますし、その方が実践に落とし込みやすくなります。

だから、具体的にどんなことをすればいいのかが分かるのでスッキリしますよね^^

犬種や猫種別のターゲット予防に関しては、今後も記事やYouTube配信をしていきますので、お楽しみください!

インデックスを用意しておきますので

各犬種や猫種のターゲット予防に関してはこちらからご覧ください!

品種改変でうまれたペットたちにできること

ぼくたちが一緒に暮らしている犬や猫はほとんど、というかほぼすべて「品種改変」によってうまれた動物たちです。

それぞれの品種によって品種改変の歴史があり

  • ワーキングドッグ(使役犬)としての能力向上
  • 伴侶動物としての危険度の低減と利便性の向上
  • 愛玩動物としてのかわいさ(見た目)の向上

によって進化されてきました。

品種改変に関してはこちらの記事からどうぞ

つまり

  • 利便性(襲われるリスク低減、従順性)
  • 嗜好性(バリエーション、清潔感)
  • かわいらしさ(購買欲をあげる)

そうです。

健康面を考えられて品種改変や交配がされてきたということはほとんどありません。

つまり、

ペットという動物たちの生活の質を本気で考えて品種改変や交配をされてきたわけではない。

ということです。

だからこそ、愛情のある飼い主さんたちには

品種改変という歴史があるので

ペットたちの生活の質を上げるために

できることをやっていく

というターゲット予防的視点を持っていただきたいなと思っています。

品種改変によって、オオカミや犬の原種から大きく姿かたち、そして性格も変わってきました。

だからこそ、ぼくたちはペットとして犬や猫たちと共存共栄してこれたという歴史があります。

その歴史には、ペットたちが病気になりやすく進化させられてきたという側面もあります。

ようは不自然な身体になってきたということです。

だからこそ、愛を持って彼らにできることをやっていけたら良いのかな?

そんな気持ちをもってターゲット予防という新しい予防医学の概念を用意しています^^

どんどん作ってまいりますので、ご自身の愛犬愛猫にぜひ実践してみてください^^

各犬種や猫種のターゲット予防に関してはこちらからご覧ください!

予防はエンターテイメント!

おかげさまです。

弱点がわかっているなら、しっかり予防しましょう!

それがターゲット予防です。

予防獣医師 NAOchan

当サイト「ZOOTIST」では「動物と人間と自然との共生社会の実現」を目指し、さまざまな情報共有をしています。動物と人間の共生のためには「動物予防医学」の普及はとても重要なことです。ZOOTISTでは動物0次診療®︎の理念のもと動物予防医学についてわかりやすくお伝えしまいります。当サイトでペットの健康について一緒に勉強していきましょう^ ^

Category
Tags

No responses yet

コメントを残す