量子医療の概要

電子負荷療法

場の療法

予防医学【生活習慣・生活環境】指導実践

動物量子医療をご希望の場合

① 慢性病・持病・難病治療

量子医学は一般の診療で治すことが難しいとされる病気を治すことが期待できる医学です。


病気の例

腫瘍・がん()、心不全、腎不全、肝不全

② 予防良法

量子医学は健康増進や病気の予防にも応用可能です。

病気は細胞の不調から始まります。
細胞の機能低下や損傷により、それが組織、そして臓器にまで影響を及ぼすことで「症状」が表れるようになります。一般では、症状に気づいてから病院に行って治療を受けますが、予防良法では機能低下や損傷をおこした細胞を活性化、修復することで、不調や症状が出る前に正常化することが可能となります。

また、細胞の機能低下や損傷などの不調があると、調子や生活の質に影響します。病気として診断されないレベルでも、心身のパフォーマンスに大きく影響するものです。予防良法によって、未然に病気を防ぐだけでなく、健康増進を図りパフォーマンスを向上させることができます。
そうすることで、健康寿命も延すことが期待できます。





③ 能力開発

量子医学は能力開発を細胞レベルから進めることができます。

細胞