こんにちは。予防獣医師(量子獣医師)のなおちゃんです。

今回は、わんちゃんに対する量子治療のレポートです!

人では多くの慢性病、難治性疾患(難病)に対する治療実績がありますが、

それをペットでやってみよう。と思い、

動物量子治療を始めました。

どんな結果になったのでしょうか…!?

ペットの量子治療レポートNo.1「ペキニーズの肥満細胞腫の症例」

一般検査と測定から!

今回は、肥満細胞腫を罹患しているさっちゃん。

ペキニーズの9歳、女の子(避妊済み)です。

肥満細胞腫は首の部分と左腹部にあり

大きさはなんと…

左頚部に7cm大

左腹部に6cm大

の腫瘍があるのです。

1週間前までは食欲もなく、かなりやせ細ってしまっていました(BCS:2.0)。

一般身体検査では

  • やせ型(BCS 2.0, 80%)
  • 頚部(首の部分)からの排膿(うみが出ている)
  • 歯石の中等度沈着
  • 右耳のマラセチア感染
  • 右目の重度充血(マラセチアに関係性?)

事前測定では

  • 血液と体液の純度の低下
  • 体液の酸性度過多
  • 血管の異常

などが顕著に認められました。

なるほど、では治療。

治療(治良)へ!

治療(治良)目標は

頚部7cmと腹部6cmの肥満細胞腫の緩和・寛解・完治

今回の治療方針は

  • 免疫機構調整
  • 体液(血液)の純度の良化
  • 腫瘍細胞、悪性腫瘍に対する治良
  • wellness

さて、量子医療の出番です!

電子負荷!e-load!!!

イオン効果とカチオン効果を最大限に引き出すために、

パンチ良法も実施しました。

するとすると…

今日の著効

同居のゆきちゃん。
治良を見守ってくれました(笑)

今日(9/2)から治良開始!

今日の著効は

客観的な評価でいうと

若干パンチ良法した部分の腫瘍領域が退縮している(頚部の腫瘍塊)

右目の充血がなくなる(ビフォーアフター写真欲しかった!次こそ)


体温上昇(腹部温触知)

そして、治良中および治良後には

いつもよりめっちゃ水を飲む

量子治療によって代謝が促進されています。

体温も上昇して循環も良くなっていますからね。

そして飼い主さんの感覚として

頚部の腫瘍は軽くなった気がする

そんなに早く!?でも退縮は目視できるレベルですから。

4時間以上にわたる測定と治良になりましたので、

まずはこのくらいかなと思います。

9/4も量子治療(量子治良)伺います!

はやり自然治癒力を高める医良はやってて楽しいです^^

そして今回は飼い主さんから素敵なプレゼントが…!

いずれYouTubeで公開します!

というか、7cmのハンバーグみたいな頚部の腫瘍を寛解という目標、なかなか粘り強さが必要そうですねw

さっちゃんの次回治良経過はこちらから

量子獣医学は第三の獣医学

量子獣医師 なおちゃん
Category
Tags

No responses yet

コメントを残す