洞窟病院 

第二チャクラは第一チャクラを調整してから調整したほうが良いとされるチャクラです。

> 第一チャクラの解説についてはこちらから。

仙骨部分に存在するチャクラで、「丹田」の位置にあるともいわれています。

セイクラルチャクラともいわれますが、仙骨を意味します。

感情を象徴するチャクラです。。

イヌではオレンジの〇の部分に相当します。

今回は、第二チャクラについて科学で解説し、

より楽に生きる方法についてお伝えしていきます。

> チャクラと生命エネルギーについてはこちらから

第二チャクラを三大科学で解説

第二チャクラ表

自然科学と第二チャクラ

第二チャクラに関係する器官は

生殖器、膀胱、下部腸管、循環器といった部分に相当します。

生殖器というのは感情のチャクラらしい器官ですよね^^

膀胱や下部腸管(大腸、結腸)あたりは仙骨部分という位置的な関係なのでしょう。

第二チャクラが乱れると、生殖器系に異常が出たり、排泄系(排尿排便)の問題、循環(血液の循環)の問題が起きやすくなる傾向があります。

調整することで、それらの身体的問題が解消される可能性があるようです。

第二チャクラに関係する「血液」

第二チャクラに関係する内分泌系は

生殖腺」です。

生殖腺は女性であれば「卵巣」、男性であれば「精巣」に相当します。

そこから性ホルモンを分泌し、生殖に必要な働きを促します。

生殖腺の機能異常により、不妊や生殖器疾患などが起きる可能性があります。

最近は不妊が増加傾向であり、不妊治療が進んでいますよね。

治療のテクノロジー(技術)が進むのは一見いいように見えますが、

治療の必要性のある社会になってきているという側面を忘れないことですね。

精神的なもの、波動的(電磁波など)なもの、食品の中に潜むもの(笑)

眼ではとらえられない要素が原因となることが多いです。

また、不妊治療は女性から始めることが

実は男性側に原因があることも多いです。

WHOの調べでも、不妊事例の半分近くは男性側にも問題があるケースだそうです。

それにしても、日本の出生数の低下は著しいですよね。

もちろん晩婚化や経済悪化、待機児童問題なども大きな要因ですが、

そういった身体的な要因も考える必要がありますね。

第一チャクラに関係する感覚は

味覚」です。

第一チャクラに関係するエネルギー帯は

プラーナ」です。

イメージとしては生命力そのものとされるものであり

サンスクリット語では呼吸や息を意味します。

生き物って「息物」という語源説もあるんですよね。

まさに生命力です。呼吸に集中するという瞑想法とつながります。

第二チャクラを調整するためのストーンとしては

カーネリアン

オレンジガーネット

などがあげられます。

カーネリアン

人文科学と第一チャクラ

人文科学とチャクラの関係はチャクラ瞑想でとても重要になります。

サンスクリット語では「スヴァディスターナ

住処を意味するそうです。

元素は「

生殖器系(子宮など)や膀胱、循環器など「水」と大きな関係を示す臓器との関係性も納得です。

生存に必要な栄養素も豊かな土壌(第一チャクラ)から始まり、次に水が必要になりますよね。

色は「橙(オレンジ)

可視光のスペクトルでは赤色(第一チャクラ)から波長を少し短くした可視光領域です。

社会科学と第一チャクラ

社会科学とチャクラの関係は社会で生きる上で重要になります。

第二チャクラの原則は

保存」です。

生きていくうえで重要な基盤(第一チャクラ)の次に必要なのが、

自分自身を「保存」する力です。

カオスからの脱却的なやつです(笑)

混沌としたものから秩序をもたらします。

第二チャクラの象徴は感情であり、感情をうまくコントロールしてバランスをとるという意味でも重要な要素です。

第二チャクラの命題は

精神状態を整え感情表現を豊かにし、喜びをもたらす」です。

第一チャクラを調整することで

精神状態が整い、感情に支配されることなく

喜びや協力などがもたらされる生活を実現することができるでしょう。

第二チャクラ表

第二チャクラを調整して喜びある生活を

第二チャクラを調整するには

第二チャクラの科学を理解して実践することが大事です。

動物的であれ!

【チャクラと生命エネルギー】 チャクラと生命エネルギーについてはこちら

Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す