こんにちは。アニマル戦隊隊長のなおちゃんです。

アニマル戦隊のYouTubeでも公開しました、散歩についてまとめました。

今回は、ドッグトレーナーのみっちゃんが語る

散歩についてです^ ^

トレーナー視点から散歩のメリット・デメリットを語ります。

散歩に関するトーク動画はこちらから!

> 獣医師が散歩について語る

トレーナー視点からの散歩について

まずは、ドッグトレーナーのみっちゃんの視点からみる散歩についてのお話です。

散歩のメリットは二つあるようです。

愛犬の社会化のため

一つ目のメリットは「社会化」です。

愛犬を外に連れ出して、家の中以外の環境を感じてもらうこと。

みえるもの、音、光、環境に慣らしていくというのは、散歩中、つまりお外でしていくものです。

散歩は必ずしもわんちゃんに歩かせる必要はなく、環境に慣れさせるという意味で重要という考え方もあります。

要するに、散歩はわんちゃん自身が歩くというだけでなく、飼い主さんが抱っこしながら散歩するという形もあるのです。

特に、子犬ちゃんの場合は、抱っこして外に連れ出してあげることも重要。

こういうのを…

社会化散歩

というようです!

小学校の社会科見学みたいですねw

外にあるもののにおいをかがせることも重要

二つ目のメリットとしては

「匂いを嗅ぐ」

という点があげられます。

さまざまな匂いを嗅ぐことで感覚を鍛えることもできますし

わんちゃん自身のストレス発散にもなりますよね^ ^

家の中だけだと、嗅覚で得られる刺激も少ないのです。

犬が犬らしくいれるためにも、散歩は大事なんですね!

デメリットとしては「拾い食い」

散歩のデメリットは…?

トレーナー視点でもやはり

「拾い食い」

です。

デメリットというか、リスクですね^ ^

散歩中に、葉っぱや枝や小石、そして砂などの「異物」を食べてしまうリスクです。

しかし、これらの問題はリスクマネジメントすることで解決できます。

リスクマネジメントとは、危険性を排除することです。

たとえば、異物が少ない散歩ルートを選ぶことができます。

そして、飼い主さんが目の前にある異物に気づいて避けることです。

異物グセがあるのだとしたら、食べてしまうだろうなぁと予想できると思うので、異物があると気づいたら避けていくことが重要です。

最近の飼い主さんの特徴として、スマホをいじりながら散歩をしている人が多いのがあげられます。

そうなると、飼い主さんが異物に気づくことができなくなります。

散歩はわんちゃんや自然とのコミュニケーションの時間だと思う飼い主さんが増えればいいですね^^

そうすることで、拾い食いのリスクマネジメントができるわけです^ ^

トレーナー視点からみた散歩

ドッグトレーナーさんからの視点では、散歩は愛犬の社会化にとって重要という見解でした。

それでは、獣医師は犬の散歩についてどんな見解を持っているのか?以下の記事をご覧ください!

> 獣医師が散歩について語る

Category
Tags

No responses yet

コメントを残す