こんにちは。アニマル戦隊隊長のなおちゃんです。

アニマル戦隊のYouTubeでも公開しました、散歩についてまとめました。

今回は、予防獣医師のなおちゃんが語る

散歩についてです^ ^

トレーナー視点から散歩のメリット・デメリットを語ります。

散歩に関するトーク動画はこちらから!

> ドッグトレーナーの視点で散歩を語る

獣医師視点から散歩について語る

犬の散歩 散歩はやべき

まず、散歩のメリットは三つあるとかんがえます。

散歩で基礎体力をつちかう!

犬の散歩 基礎体力

一つ目のメリットは

基礎体力、基礎代謝をつけることができます。

散歩はわんちゃんにとって素晴らしい有酸素運動です。

それを習慣化することで基本的な体力と代謝能力を身につけます。

犬の散歩

散歩をせずに運動不足になると、逆に基礎体力と基礎代謝が低下します。

すると、栄養不足になり、エネルギーを使えなくなり、老廃物がうまく排泄できなくなります。

体温が低下すると、酵素の働きが低下し、心臓や腎臓に負担がかかり、脳機能が低下します、

さまざまな病気の引き金になるのです。

健康寿命増進のためには散歩はとても大切なのです。

砂場理論で免疫力を

散歩は体力や代謝能力と同時に、免疫力を底上げします。

人でも、小さい頃からしっかり砂場や自然で遊んでいる人は、強い体になる傾向があります。

小さい頃から雑菌に触れ、自然界のものに接触することで、基礎免疫力はつちかわれます。

犬の散歩 免疫力

逆に小さい頃からきれいすぎるところばかりいると、いざ雑菌まみれのところに入ったり、免疫力が低下したりすると、途端に病気になります。

基礎免疫力というのは、小さい頃から築いていくものです。

免疫の大部分は生活の中で獲得していくものです。

欲求管理ができる

犬の散歩 欲求管理

三つ目は欲求を満たせるということです。

これはとても大事なことです。

犬には7大欲求があります。

犬の七大欲求

これら7つの欲求を満たすことで、はじめて愛犬が幸せに動物らしく暮らせると思ってください。

散歩に行かなければ、5.6.7番目の欲求はクリアすることができません。

欲求管理に関してはまた別の記事でも投稿する予定ですが、

簡単にいうと、散歩に行くことでしか満たせない欲求があるので

わんちゃんたちにとって散歩は生物学的にも精神学的にも必須であるということが言えるのです。

犬の散歩 時間的余裕

特に探査欲求は重要です。

散歩中にくんくん匂いを嗅いでいるときに、それを中断させないことが大事です。

なので、時間に余裕があるときに散歩をしましょう。

散歩はわんちゃんとのコミュニケーションの時間なので、どんなに忙しくても行きましょう(笑)

というか、忙しいのに犬と暮らすのははじめからあまりいいこととは言えないと思います。

散歩でおきるリスクを減らせばデメリットはない

ではデメリットは?という話ですが

感染や寄生虫のリスク

異物誤食のリスク(拾い食い)

ですね。

ただし、これらはリスクマネジメントできるので、

異物のないルート選択や感染のリスクが少ないルート選びが大事になりますよね。

そしてもう一つ重要なのが

異物リメンバー

異物リメンバー(笑)

つまり、一度食べてしまった異物のことを美味しいと感じると

また食べやすくなる。つまり再発しやすくなるということです。

異物リメンバー

なので、なるべく拾い食いは予防すべきものですし、

もししつけが必要なのであれば、してもいいと思います。

飼い主努力でリスクマネジメントをすれば、

もっと安心安全で楽しい散歩になるのかなと思います^ ^

> ドッグトレーナーの視点で散歩を語る

散歩は基礎体力、基礎代謝、基礎免疫力を身につける重要な時間です。

予防獣医師 直良拓朗

Category
Tags

No responses yet

コメントを残す